エグゼクティブの外資系転職サイト エージェント 英語を使える求人情報 人材紹介の登録 バイリンガルの就職

外資系転職エージェント情報 外資系転職エージェントランキング 外資系へ転職する方法 レジュメ・英文履歴書の書き方 外資系転職日記 運営者

外資系転職エージェント情報外資系転職エージェント・サイトエグゼクティブの外資系転職


    
  このエントリーをはてなブックマークに追加                                                    

エグゼクティブの外資系転職


■外資系企業のエグゼクティブクラス(CEO、COO、カントリーマネージャー、ディレクター、シニアマネージャーなど)への転職は、外資系のエグゼクティブサーチファームを利用する方法が最も効率的でポピュラーであるといえるでしょう。

外資系企業のCEO、COO、マネージングディレクタなどの上級管理職・エグゼクティブは、一般の転職サイトやエージェントなどではなかなか見つけにくいものです。

そこで、外資系のエグゼクティブサーチファームに連絡して、探してもらうのが効率的な方法であるといえます。

エグゼクティブ・サーチ・ファームは、まさしくエグゼクティブにふさわしい人材を探し出す専門会社です。

特に、下記の外資系の有名なエグゼクティブサーチファームは、アメリカに本社を持ち、世界的にも有名なグローバルファームです。

ラッセル・レイノルズ・アソシエイツ/Russell Reynolds Associates
Korn/Ferry コーン・フェリー・インターナショナル
エゴンゼンダー/Egonzehnder
スペンサースチュアート/Spencer Stuart

基本的に彼らは、クライアント企業との契約により人材を探すRetainer Firm(リテイナーファーム)契約を結んで人材を探します。

これは、日本の転職エージェントのほとんどが採用している、Contingency Firm(コンティンジェンシーファーム)と呼ばれる成功報酬型契約とは違い、求める人材が見つかるまで、長い場合は1年以上の期間に渡り、サーチ活動を続けます。

ちなみに、Retainer Firm(リテイナーファーム)契約ですと、サーチファームに支払われる報酬は、成立の可否にかかわらず支払われます。

なお、一般的な報酬体系は、契約時に採用ポジションの年収の15%、1人目の候補者の紹介時に15%、成約後に15%といわれています。

また、年収¥800万以上のハイクラス・エグゼクティブ限定の会員制転職サイト【BIZREACH(ビズリーチ)】などがあります。

エグゼクティブサーチファームに抵抗がある方や、満足いく情報をさらにお求めになりたい方は、こちらのサイトも合わせて利用されてみてはいかがでしょうか。

手軽に利用できるエグゼクティブ用サービスとして、利用者が急激に増えてきているそうです。

外資系企業のエグゼクティブクラス(CEO、COO、カントリーマネージャー、ディレクター、シニアマネージャーなど)への転職は、一般の転職エージェントや人材紹介業者ではなく、エグゼクティブに特化した、エグゼクティブ・サーチ・ファームやサイトをご利用されるとよいでしょう。

転職エージェントスタッフ

年収一千万円以上⇒外資系金融求人 外資系コンサルタント求人

    
  このエントリーをはてなブックマークに追加  


・転職エージェントのランキング
・外資系の高収入の求人情報
・外資系のカード人気ランキング
・女性にとっての外資系転職
・外資系転職のための資格
・外資系転職で気になる年収
・外資系ITに強い転職エージェント

・外資系ITへ転職する方法
・第二新卒で外資系へ転職
・外資系で人気の英語教材、学校ランキング
・エンジニア・技術者の外資転職
・外資系金融への転職
・外資系転職の面接の成功ポイント
・ 英文履歴書・経歴書、レジュメの書き方

 外資系転職エージェント情報のサイトマップ
ホーム 外資系転職 外資系企業 転職エージェント・サイト ランキング 外資就職・派遣 外資系転職日記 エージェントリスト 外資転職用語集 サイト概要・リンク集 お問い合わせ サイトマップ