良いエージェント 人材紹介会社 評判の外資系に転職 英語を使える求人サイトに登録する バイリンガルの就職

良いエージェント 評判の人材紹介会社@外資系転職エージェント情報
外資系へ転職したい!どのエージェントがいいの? ⇒ 気になるエージェントのランキングは…
外資系転職エージェント情報 外資系転職エージェントランキング 外資系へ転職する方法 レジュメ・英文履歴書の書き方 外資系転職日記 運営者

外資系転職エージェント情報 > 転職エージェント・サイト > 良いエージェントとは

                                                 

 良いエージェントとは



このエントリーをはてなブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録toshihiro_dayoをフォローしましょう Google+

外資系のデスクワーク ■ 国内には2万社近い転職エージェント・人材紹介業者がいます。
 ( 転職エージェント(有料職業紹介事業者)に関する各種データ

2万社の転職エージェントがすべて良いエージェントであればいいのですが、残念ながらそうとも言えないエージェントがあるのが実情です。ここでは、良い転職エージェントとはどういったエージェントであるのか、個人的に感じたり経験したことをベースに述べてみたいと思います。

まず、一口に「良い転職エージェント」といっても、エージェント会社で判断するのではなく、担当するコンサルタント・ヘッドハンターの個々についての判断・評価になってきます。

では、具体的にどういったキャラクタ・スキルをもったコンサルタント・ヘッドハンターが「良い転職エージェント」と言えるのでしょうか。


◎ クライアント(転職者)の希望を十分理解し、それに即した案件を提示してくれる。

◎ アクションが早い

◎ 無理強いをしない。

◎ 企業が「どういった人材を望んでいるか」「何がセールスポイントになるか」「上司はどういった人か」など企業側の情報を教えてくれる。

◎ ある案件が失敗しても別の案件を出してくれる。もしくは探す努力をしてくれる。

◎ 定期的に連絡をくれる。

といったところが判断基準となると思います。

もちろん、人によっては話しやすさや、同じ価値観をもったコンサルタント・ヘッドハンターが利用しやすいエージェントと感じる場合もあるでしょう。

転職エージェントの社風や考え方から給与システムなどにより、似たようなコンサルタントがそろってしまうケースが少なくありません。

良いコンサルタントがいる転職エージェントには、似たような良い転職エージェントが集まっているかもしれません。

そして、もし好印象のコンサルタントと出会うことが末永くお付き合いすることをお勧めします。

人生の次のステップへ進むときに相談に乗ってくれるかもしれませんから。


反対に××エージェントとは…   転職サイトのランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加Yahoo!ブックマークに登録toshihiro_dayoをフォローしましょう Google+


・転職エージェントのランキング
・外資系の高収入の求人情報
・外資系のカード人気ランキング
・女性にとっての外資系転職
・外資系転職のための資格
・外資系転職で気になる年収
・外資系ITに強い転職エージェント

・外資系ITへ転職する方法
・第二新卒で外資系へ転職
・外資系で人気の英語教材、学校ランキング
・エンジニア・技術者の外資転職
・外資系金融への転職
・外資系転職の面接の成功ポイント
・ 英文履歴書・経歴書、レジュメの書き方


 外資系転職エージェント情報のサイトマップ
ホーム 外資系転職 外資系企業 転職エージェント・サイト ランキング 外資就職・派遣 外資系転職日記 エージェントリスト 外資転職用語集 サイト概要・リンク集 お問い合わせ サイトマップ