外資系IT転職・求人を探す エージェント 英語を使える転職・求人情報 人材紹介の登録 バイリンガルの就職 エグゼクティブサーチ

外資系IT転職・求人を探す@外資系転職エージェント情報
外資系へ転職したい!どのエージェントがいいの? ⇒ 気になるエージェントのランキングは…
外資系転職エージェント情報 外資系転職エージェントランキング 外資系へ転職する方法 レジュメ・英文履歴書の書き方 外資系転職日記 運営者

外資系転職エージェント情報 > 外資系へ転職 > 外資系IT転職・求人を探す

                                                 

外資系IT転職・求人を探すとは


オフィス・デスクワーク 外資系の中で転職先として人気の高い外資系IT企業。

この外資系ITに転職するための求人情報、どうすれば手にすることができるでしょうか。

まず、一般的には各外資系IT企業のサイトにアクセスして、求人情報を入手する方法があります。

サイトによっては、事細かにジョブ・ディスクリプションを公開している外資系IT会社もあります。

もし、興味がある外資系ITがあれば、サイトにアクセスして求人があるかどうか確認してみると良いでしょう。

ただこの方法ですと、ご自身でレジュメを送ったり面接のアポを取る必要があります。

転職エージェントを利用した際に行われる、レジュメの添削や書類提出時のプッシュなどは受けられません。

また、求人のポジションがあるにもかかわらず、サイトで上では募集していない旨のコメントが記載されていることがよくあります。

これは、サイトを更新する手間が大変であることが一つの理由として挙げられます。

多くの外資系ITのサイトは、本国のサイトとリンクしているケースが多く、また、サーバーが本国と一緒である場合が多いのです。

そうなると、一つの求人募集のページを掲載するために、本国の承認やら担当部署への説明など様々な手続きが必要となってきます。

その瑣末な手続きを避けたがるHRは、サイトでの求人の募集を避ける傾向にあります。

さらに、サイトで求人を公開すると、玉石混交の多くの応募者が申し込んでしまいます。

それぞれの応募者のレジュメに目を通し、選考するのは非常に時間と労力を裂かざるを得なくなります。

サイトで求人を募集すると、誰でも見ることができますから、すごい量の応募があるのが実情です。

そのため、人気がある外資系IT企業ではサイトでの募集は控える傾向があります。

本当は、スタッフを募集しているにもかかわらず、サイトでは「現在募集はしていません」というようなメッセージを掲載しているのです。

ではどうやったら、人気の外資系ITの求人にめぐり合うことができるのでしょうか。

一番効率的なのは、外資系に強い転職エージェントに登録することでしょう。

外資系企業は、日本企業と違って人材を採用する際にエージェントをよく使います。

外資系、特に新興の外資系ITはマンパワーが小さいため、採用などは外部に委託することが多く、そのため転職エージェントを使うのです。

転職エージェントを使えば、ある程度フィルターがかかった人材しか応募してきませんし、面談などのスケジューリングなどの調整も、エージェントがアレンジしてくれるので採用する外資系企業の手間が省けます。

ですから、多くの外資系IT企業は人材を採用する際には転職エージェントを利用しています。

サイト上では人材を募集していないように見えても、実は求人しているというケースはよくあるのです。

特に、人気の外資系ITに転職を考えているのなら、外資系ITに強い転職エージェントを利用するのが、一番効率的な方法だといえます。

⇒外資系ITに強い転職エージェント ⇒外資系IT企業 ⇒外資系金融IT企業へ転職

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録


・転職エージェントのランキング
・外資系の高収入の求人情報
・外資系のカード人気ランキング
・女性にとっての外資系転職
・外資系転職のための資格
・外資系転職で気になる年収
・外資系ITに強い転職エージェント

・外資系ITへ転職する方法
・第二新卒で外資系へ転職
・外資系で人気の英語教材、学校ランキング
・エンジニア・技術者の外資転職
・外資系金融への転職
・外資系転職の面接の成功ポイント
・ 英文履歴書・経歴書、レジュメの書き方

 外資系転職エージェント情報のサイトマップ
ホーム 外資系転職 外資系企業 転職エージェント・サイト ランキング 外資就職・派遣 外資系転職日記 エージェントリスト 外資転職用語集 サイト概要・リンク集 お問い合わせ サイトマップ