外資系転職と資格 エージェント 英語を使える転職・求人情報 人材紹介の登録 バイリンガルの就職 エグゼクティブサーチ

外資系転職と資格@外資系転職エージェント情報
外資系へ転職したい!どのエージェントがいいの? ⇒ 気になるエージェントのランキングは…
外資系転職エージェント情報 外資系転職エージェントランキング 外資系へ転職する方法 レジュメ・英文履歴書の書き方 外資系転職日記 運営者

外資系転職エージェント情報 > 外資系へ転職 > 外資系転職と資格

                                                 

外資系転職と資格


一息
「宅建取引主任者」 「ファイナンシャルプランナー」 「電気工事士」など、国内には 様々な資格があります。

また、英検、簿記、TOEICなどのように段位やスコアによって実力を認定されるものもあります。

このような資格などは外資系へ転職するときには有効なのでしょうか。

率直によって外資系では資格はあまり重要視されないといってよいでしょう。

どうしても必要であるポジションであれば資格は有効ですが、資格を必要とするポジションは外資系ではほとんどありません。

ただし、持っているとアドバンテージになる資格も、ごくわずかですがあります。

◎ MBA(Master of Business Administration/経営学修士) : マネージメントのポジションにつくには、この学位は有効です。さらに、アメリカの名門のビジネススクールの出身であると、大きなアドバンテージがあるでしょう。

◎ CPA(Certified Public Accountant/公認会計士) : 財務関係のポジションでは、この資格は大いに役立つでしょう。

◎ TOEIC 900以上 : 英会話の実力を知るために、TOEICのスコアを要求している外資系もあるようですが、900以上ないと”英語ができる”と判断されないのではないでしょうか。

外資系では、資格よりも実績や経験が重視されます。

「この資格を持っている」というだけでは、相手をひきつけることにはなりません。

もし、資格を持っていたとしたら、その資格をビジネスにどのように役立てて、どのような結果を残したのかをアピールできるようにすると良いでしょう。

資格で探す求人情報(提供:JAC Recruitment)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録


・転職エージェントのランキング
・外資系の高収入の求人情報
・外資系のカード人気ランキング
・女性にとっての外資系転職
・外資系転職のための資格
・外資系転職で気になる年収
・外資系ITに強い転職エージェント

・外資系ITへ転職する方法
・第二新卒で外資系へ転職
・外資系で人気の英語教材、学校ランキング
・エンジニア・技術者の外資転職
・外資系金融への転職
・外資系転職の面接の成功ポイント
・ 英文履歴書・経歴書、レジュメの書き方

 外資系転職エージェント情報のサイトマップ
ホーム 外資系転職 外資系企業 転職エージェント・サイト ランキング 外資就職・派遣 外資系転職日記 エージェントリスト 外資転職用語集 サイト概要・リンク集 お問い合わせ サイトマップ