外資系企業へ新卒で就職するには、外資への就活の情報 英語を使える求人情報 人材紹介の登録 バイリンガル

外資系へ新卒で就職@外資系転職エージェント情報
おしえて!外資系の年収は本当に高いの? ⇒ 気になる外資系の年収は…
外資系転職エージェント情報 外資系転職エージェントランキング 外資系へ転職する方法 レジュメ・英文履歴書の書き方 外資系転職日記 運営者

外資系転職エージェント情報 > 新卒で外資へ就職

                                                 

 外資系企業への就活・就職活動は



【新卒で外資就職】

新卒で外資系企業へ就職するなら、まず大手の外資系企業(日本IBM、マイクロソフト、インテル、Googleなど)へ挑戦してみてはいかがでしょうか。

大手の外資系企業は、一般的に日本でのビジネス経験が長い場合が多く、日本の雇用慣習や勤務体系などを十分に理解しているので、日本の職場とそれほど大差のない職場環境で仕事ができます。

OJTや社内研修などの社員教育も、日本のやり方と似通っていることも多く、そのような環境でしっかりと社会人としての基礎をつけてから、次のステップに進むことがお勧めです。

なお、なお注意していただきたい点は、ここでいう大手外資系企業とは、本国の規模ではなく、日本法人の規模が大きいことを意味します。

たとえば、本国では1兆円以上の売上を上げている大手企業でも、日本の法人企業のスタッフが2〜30人しかいないのであれば、大手ではなく中小規模の外資系会社となります。

ところで、日本の法人が中小規模の外資系でも、新卒者を採用して育てていこうとする外資系企業もありますが、やはり多くは即戦力を求めてきますから、新卒での採用は多くないと考えてよいでしょう。

しかし、日本の法人が中小規模の外資系企業は、いわゆる「外資系」的な職場環境や待遇を持っている企業が多いので、そのような環境で働いてみたいと考えている方は、ぜひチャレンジされてみてはいかがでしょうか。

一方、日本の資本が入った外資系企業、合弁企業も新卒者として挑戦してみるのもよいでしょう。

ただし、100%の外国資本の外資系企業に比べて、より日本的な会社・環境である場合が多く、なかにはまったく外資系企業のスタイル・組織・待遇などをもっていなく、日本企業そのものという会社もあります。

もし、外資系企業の社風や待遇・カルチャーなどを求めて就職するのなら、面接時に確認することをお奨めします。

ところで、外資系企業の情報を集めるのはどのようにすればよいのでしょうか?

ちょっとアナログな方法ですが、お勧めするのは、「外資系企業総覧2011年版」(東洋経済新報社)です。

この本には、外資系企業の売上・利益などの業績、従業員数、採用状況そして大卒初任給など、就職する際に必要な詳細情報が掲載されています。

また、各外資系企業の採用人数もわかり、それによると外資率100%の企業で採用人数が多かったのは、アイエヌジー生命保険、日本IBM、日本モレックスの順でした。(中途採用も含む)採用人数の詳細ランキングへ

ただし、価格が2万円弱と個人が購入するには高額ですので、大学や公共の図書館で閲覧してみることをお勧めします。



【外資系企業への就職活動で必要な情報を入手できるサイト】

日経就職ナビ2014
2014年度新卒者対象の就職情報サイト。すでにインターンシップやセミナーを受付中。

日経就職Navi2013
日本経済新聞の就職支援サイト。日経就職ナビに掲載中の企業は約8千社。



このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録


・転職エージェントのランキング
・外資系の高収入の求人情報
・外資系のカード人気ランキング
・女性にとっての外資系転職
・外資系転職のための資格
・外資系転職で気になる年収
・外資系ITに強い転職エージェント

・外資系ITへ転職する方法
・第二新卒で外資系へ転職
・外資系で人気の英語教材、学校ランキング
・エンジニア・技術者の外資転職
・外資系金融への転職
・外資系転職の面接の成功ポイント
・ 英文履歴書・経歴書、レジュメの書き方

 外資系転職エージェント情報のサイトマップ
ホーム 外資系転職 外資系企業 転職エージェント・サイト ランキング 外資就職・派遣 外資系転職日記 エージェントリスト 外資転職用語集 サイト概要・リンク集 お問い合わせ サイトマップ